2014年10月18日土曜日

Bianchi試乗会 その5 INTENSO


OLTRE XR.2 の楽しさを体感してしまったので、
うぅ、もう一周したい…

とは言え他に待ってる人がいるかもしれないし、何より後輩から

後輩「ちゃんと買えるのに乗れよw」とごもっともな指摘を受けました(笑)


アルミが購入候補だけど、
NIRONEとIMPULSOには乗った。
FENICEはシートポスト不具合で乗れない…
アルミはもう乗る物は無いかな?


そししたらBianchiの方が案内してくれたのが…

カーボンのエントリーモデル

INTENSO 105 47サイズ



INTENSOとはイタリア語で「激しい」「強烈な」って意味だそうです。

そして、私が乗るには申し訳ない黒にピンクの差し色と超かっこいいデザイン。
これに女の人が乗ってたらかっこいいでしょうね!

どうでもいいですけど、色弱の私には紫?に見えます。

OLTREに続き今回も小さいサイズの試乗。
個人的には大きいフレームより小さめのフレームの方が好きかもしれません。
乗りやすいしクイックに感じるから好きです。
↑なんて書きましたが、小さいフレームだと前傾姿勢が浅くなるので自然と楽になり、
長距離走る時に楽な風の抵抗を受けにくい前傾姿勢が取りにくくなるんですね…


さて、時間的にも最後の試乗!
さぁ、INTENSOはどんなキャラクターを見せてくれるんでしょう!

後輩も自前のTCRでしめます!


やはりと言うべきか、カーボンなので登りが物凄く楽(後で知りますがIMPULSOと重量差はあんまりありませんでした(^^;;
プラシーボ効果でしょうか?(笑)

ハンドリングもクイックで攻めがいがあります。

そして楽しい!
カーボンは買う候補に入ってませんでしたが、登りがこれだけスイスイ行けると欲しくなってきました。


しかし…


下りでINTENSOの弱点が顔を見せます…
衝撃を全く吸収性してくれない…orz

あまりの激しい振動だったので、
パンクしてリム打ちしてるのかと思い。
不安で1度下り坂で止まってタイヤ確認しちゃいましたよ…


まず、INTENSOはBianchiの中でもC2Cと言うロングライド向けの部類に入りますが…


ふざけんなwww
これは長距離乗ってられないorz
コレはジオメトリーがロングライド向け、ってだけなんじゃ…

でもフレームに柔らかさやしなりはあまり感じません。
世間一般で言われているエントリーカーボンは柔らかくて疲れにくい。には全くもって当てはまらない、
私は硬めのレーシーな戦闘力を秘めているように感じます。

エントリーカーボンだろ?って舐めてかかると…INTENSOの名の通り、激しく殺られます。

初心者の私にはこんなキレッキレのモデルを、
しかも難関コースのサイクルスポーツセンターで扱いきれませんし、長距離乗ってられない…
女性の人が乗ってたらカッコいいとか言いましたが、これ乗りこなしてたら惚れるレベルです!

サイクルスポーツセンターの舗装も一部区間悪いです。
それを差し引いても衝撃が痛いレベルで…
むしろ、今まで乗ってたINFINITO CVとOLTRE XR.2なんかは物凄い振動を殺してたんだなぁ…
なんて、その性能の高さに今更恐ろしさを感じます…((((;゚Д゚)))))))

本当、あれは化け物だ…

Bianchiの人がサラッと「INTENSO CVはシクロクロスにそのまま持っていっても使えるレベルですよ」と言っていたのを思い出す…
多分レギュレーションの問題で無理なだけで、行ける気がする…

ここまで来て引き返せないので、
頭をリセットして(振動があるものだと頭に叩き込んで)
再スタート、相変わらず振動は激しいですがこう言うものだと分かれば少し安心。

てか、乗り味がシャープで、これは乗り手を無視すればすげーフレームなんじゃ…
体への負荷は激しいですけどこれはこれで楽しい。
路面が良い平坦と登りならもっと良さが引き立ちいい仕事してくれる気がします。

スキーやってる人にしか伝わらないと思いますが、
スキーで例えるならファンスキーです。
安定感の無い短い板を足で押さえ込みながら滑る感覚に似てます。
路面から来る衝撃を読み、INTENSOを押さえ込みながら乗る技術が必要です。
もちろん体に負荷がかかりますが、耐えれば応えてくれる楽しいフレームです。
こんな風にコンフォート性とトレードオフで得られる楽しさがあります。こういうのって楽しいですよね。(私だけ?

ちなみにINFINITO CVはこの区間をほぼ振動を気にすることなく、
OLTREもですが…
むしろヘルメットが風圧で吹き飛ばされるんじゃないかって方に心配してたので…(笑)

本当一つ次元の違う安定感と加速が両立したフレームなんだと再確認しました。
Bianchi凄いよ((((;゚Д゚)))))))


私は後輩を待ちながら走ってるので足に負荷はあまり無く、
たまに他の参加者の方と一緒に登らせていただくと楽しかったです!
知らない人とでも一緒に走ると楽しいものですね。

最後に山頂の様な休憩所で後輩を待ち、カーボンなのにありえない硬さだと説明。

信じてくれないので、実際に乗ってもらい。
段差を越えると…

後輩「こんなもんだろ?」

私「自分ので試してみろw」

TCRに乗り換えて再び段差を越えると…

後輩「あっ、全然ちげぇ〜w」

私「だろwww」

この振動は例えばホイールをシマノから、OLTREやINFINITO CVと同じフルクラムに変えたら乗り心地が改善するのかな?
それならINTENSOもすごい力を秘めてると思います。


振動は正直ありえないのですが、
それ以外は弱点が見当たらずむしろ楽しいので不思議と欲しくなるモデルでした。

次回、珍しく後輩が

後輩「ラストの下りからゴールまで勝負しようぜ…」

さて登りでさっぱりついてこれなかった後輩との勝負はいかに!

Bianchiの方が特別授業も開いてくれたので、それも忘れないように書こうと思います。